同志社大学体育会ハンドボール部は、2020年に創部70周年を迎える歴史と伝統のあるクラブです。過去にはミュンヘン、モントリオールオリンピックやソウルオリンピックに3名のOB選手が出場、活躍された実績がある、素晴らしいクラブです

令和元年度は、春季リーグ戦で男子部は1部 4位となり、本年11月仙台で開催される全日本インカレの出場権を獲得しました。また、優秀選手に四年生の尾川将が受賞しました。女子部は1点差負けが3試合、2点差1試合と惜敗が続き、6位に終わり、全日本インカレへは8月14日から豊田市での西日本インカレで獲得することが必要になりました。

男子部2年のG K石濱塁選手は、今年8月マケドニアで開催の世界ユース選手権の日本代表を目指して強化合宿に参加しています。

また、5月25日には、同球会総会と新入生歓迎コンパを開催しました。4月から男子部6名、女子部6名の新入部員が練習に参加し、マネージャーを含めて男女50名の部員が元気に新人トーナメント大会を目指して練習しております。

なお、同立定期戦ですが、今年度から開催時期を6月末から7月始めにする事としました。第69回同立定期戦は、6月30日(日)に同志社大学デイヴィス記念館で開催いたします。近く案内しますが、多くのOB OGのご参加をお待ちしております。

最後に来年2020年は、同志社大学ハンドボール部の創部70周年の記念の年になります。現在記念事業などのお手伝いをして頂ける OBOGを募っています。皆さまのご参加をお待ちしております。

今後ともハンドボール部にご支援ご協力をよろしくお願いいたします。