同志社大学体育会ハンドボール部は、2020年に創部70周年を迎える歴史と伝統のあるクラブです。過去にはミュンヘン、モントリオールオリンピックやソウルオリンピックに3名のOB選手が出場、活躍された実績がある、素晴らしいクラブです

平成30年度は、春季リーグ戦で男子部、女子部とも1部5位で、秋季リーグ戦は9月16日現在、男子部は3勝1分1敗勝点7で、全日本インカレ出場を目指して頑張っています。女子部は春季リーグで全日本インカレの出場権を獲得して、秋季リーグでは現在2勝3敗で勝点4となっています。また、7月には、男子部1年のG K石濱塁選手が、香港での第6回東アジア(U-22)選手権の日本代表として出場2位になり、さらに9月16日からはヨルダンで開催の第8回男子ユースアジア選手権の日本代表として出場しています。

今後、男女とも秋季リーグ戦の残り試合に全力を尽くし、男子部は4年連続47回目の出場権を獲得すべく、また女子部は10月11日からの西日本インカレに全日本インカレシード権の獲得を目指しています。11月10日から大阪府で開催の全日本インカレに出場し、上位入賞を目指しています。

最後に第68回同・立定期戦ですが、本年度は11月24日(土)に立教大学新座 CP体育館にて開催いたします。関東、東北にお住まいのOB・OGの皆様のご参加、応援参加をよろしくお願いいたします。

なお、現役チーム4回生はインカレ終了後引退の予定となりますが、本年度は12月9日日曜日に第1回同志社総長杯ハンドボール大会を開催します。現在法人同志社系列学校でハンドボール部があるのは、同志社高校男子部、同志社香里高校男子部と当部の3チームです。既に総長杯のカップも準備されており、八田総長も出席いただく予定です。現在試合内容などを調整中です。確定しましたらまたご案内いたします。今後ともハンドボール部にご支援ご協力をよろしくお願いいたします。